日焼けはニキビになりやすい?

ニキビの原因が日焼けによるものである場合もあることをご存知でしょうか。

実は、日焼け=紫外線をたくさん浴びる事が原因でニキビができることがあるのです。肌の一番外側である表面の角質は、水分が含まれていることで肌全体のバリア機能を維持しています。

紫外線を浴びることで乾燥が進み、バリア機能自体が低下するとニキビができやすい環境になってしまいます。また、紫外線は体内にある活性酸素の力を強める作用を持っています。活性酸素が脂質と結びついてしまうと過酸化脂質という脂質を劣化させたものに変化します。

脂質が劣化することで細胞の機能はどんどん低下し、正常なターンオーバーが繰り返されない、古い角質が剥がれおちずに毛穴を詰まらせる。といった事が起こります。

紫外線を浴びることで、バリア機能自体が低下しているので、こういった事が起こるとさらにニキビができやすい状態に陥ってしまうのです。

まずは紫外線対策をしっかり行う事はもちろんの事、すべての紫外線を完全には防ぐことはできないので、ビタミンC美容液など活性酸素を中和する効果のあるものを活用し、皮脂を元に戻すように心がけることが大切です。

あわせて読みたい